きゃっとふーど(仮)

造形好きなコスプレイヤーのブログ。100円入れると動くよ!

【衣装制作】fate/GO イシュタル衣装改造日誌(その2)

イシュタルの衣装改造日誌こちらでは残りの衣装部分の解説など書いていきます。

前回が衣装の脇周りと細かいパーツ部分の改造になりましたが

今回はそれ以外の部分を載せていきます。

f:id:mikenekotter:20170727023804j:plain

これはお腹周りの編み込み部分5mmのリアラボード切って

更に角を斜めにそぎ落としてミロワ貼ってます。

編み込みがやや強めに癖つけないと難しいのですがこれもGクリアで貼り付けてます。

f:id:mikenekotter:20170727024056j:plain

伸ばすとこんな感じ。

f:id:mikenekotter:20170727023749j:plain

お腹周りです。真ん中の宝玉はその1で改造したものを付けてます。

f:id:mikenekotter:20170727024223j:plain

いきなり飛びますが、こちらは制作の追加でお願いされたパンツに付く板と腕と足のバングル部分。

これも元の物を頂いて型紙作り直してます。

f:id:mikenekotter:20170727024436j:plain

腕の部分。これ大本は

f:id:mikenekotter:20170727024543j:plain

下のペラペラのなんですよね・・・w

海外生産のはどうしても造形はおまけ的な感じですよね。

これも3mmと5mmのリアラボード組み合わせて作りました。

 

こんな感じで改造進めまして最終的に殆んど大改修みたいになりましたね。

f:id:mikenekotter:20170727025029j:plain

厚みのあるパーツを使うと立体感出るのですが、選択を間違えるとバランス難しいので部分部分での厚みや材料の選択に悩みました。

その甲斐あってか満足行く制作が出来たかと思ってます。

改造前改造後の比較画像も置いておきます。

f:id:mikenekotter:20170727030617p:plain

改めて見ると全然別物になってますね・・・w

f:id:mikenekotter:20170727025240j:plain

しかしミロワ凄いキラキラして綺麗。

 

今夏は新しい事にチャレンジする!って目標掲げた途端に衣装の改造のお話し頂いたので、割と口に出すとなんかあるってジンクスは今年も継続中みたいですね。

こういった改造は本当に楽しかったからまた何かの時にやってみたいですね。

 

▷記事を書いた人 三毛猫教授

f:id:mikenekotter:20170526163017p:plain

 

profile ホビーと造形に戯れるお喋りなコスプレイヤー

標準サイズのゴリラと肩幅が大体同じです。

↓差し入れ待ってます(๑•̀ㅂ•́)وよろすこ✧

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/EX9UV7CJL53A/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_RNM7ybZX9FN0Y

【衣装制作】fate/GO イシュタル衣装改造日誌(その1)

お久しぶりの更新ですね。ども三毛猫教授です。

前回の記事が好評でまたview数伸びました。ありがとうございます(๑•̀ㅂ•́)و

今回はfate/goからイシュタルの衣装の装飾を頼まれて制作したのでその記事書きました。

それではスタート↓

f:id:mikenekotter:20170727020014j:plain

基礎は海外で売っているような衣装でこれを基礎に装飾部分を足していきます。

首パーツも色合いみるとゴールドって言うか・・・プラチナシルバー?なのでこれも改造します。

改造個所は衣装の金色のライン部分と首パーツと首とお腹の赤い宝玉部分

これをリアラボードの3mmと5mmにミロワを貼り厚みを出していきます。

 

 久しぶりに布張り&初めてミロワ使うので失敗しないように先に小さいパーツから手を付けました。

f:id:mikenekotter:20170727020751j:plain

これの金部分を剥がしてパーツを作り

f:id:mikenekotter:20170727020830j:plain

こうなる。厚みが出ると立体感増すので細かい部分も手を加えるのたのしいですねw

元のデザインと違う部分も資料やゲーム画面参照してそれっぽくなるように改造してます。

ミロワの感覚も分かったのでここからは衣装部分に取り掛かります。

f:id:mikenekotter:20170727021153j:plain

まずは胸部分から。脇の金ラインの上から

f:id:mikenekotter:20170727021130j:plain

パーツを作り

f:id:mikenekotter:20170727021258j:plain

張り付けます。貼り付けにはGクリアを衣装側とパーツ側塗って半乾き位で圧着させてます。

曲がる場所は布張り前にリアラボード側を先に炙って曲げておくといいと思います。

f:id:mikenekotter:20170727021711j:plain

これは衣装のサイドの部分ですね。

f:id:mikenekotter:20170727021730j:plain

元のデザインの上に貼るので、大きさをトレスしてから10mm厚のウレタンでパーツ作りました。

f:id:mikenekotter:20170727021826j:plain

これもGクリで貼りました。

 

次は首の装飾の改造です。

 

f:id:mikenekotter:20170727022731j:plain

改造で使うミロワと比較。こう見ると金っぽく見えるのですが

これも衣装に合わせた改造をします。

元のパーツから型紙を取りミロワを貼り組み立て

f:id:mikenekotter:20170727022852j:plain

こんな感じになりました。硬さも出たので首飾りっぽくなったかな?

 

さてさて、その2では残りの部分の解説と完成画像流しますね。

 

▷記事を書いた人 三毛猫教授

f:id:mikenekotter:20170526163017p:plain

 

profile ホビーと造形に戯れるお喋りなコスプレイヤー

高校時代の部活のお蔭で正拳突きで瓦5枚割れます。

↓差し入れ待ってます(๑•̀ㅂ•́)وよろしこ✧

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/EX9UV7CJL53A/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_RNM7ybZX9FN0Y

【武器造形物】エンバーセリカ

丁度アニメも始まったので、せっかくなので今回は3Dアニメで話題のRWBYからヤンのショットガントレットのエンバーセリカを記事にしました。

先に装着した画像からアップしますねー

f:id:mikenekotter:20170705232248j:plain

着用者 成賀くるみさん @krmcougar

 

最初制作のお話し頂いた時にRWBYが前々から注目していた作品だったので

テンション上がり、意気揚々と資料集めしたんですけど

3D作品だけあって動いている時などので少しイメージ変わったりするんですよね…w

なので今回は最初に渡された資料参照して制作してます。 

 

基本的な素材はウレタンに布張りをして仕上げてます。

ライオンボード(リアラボード)の黒5㎜ですね

 甲冑とか部分鎧みたいな物は割と裏面が白いと目立ってしまいますので

黒い材料使うのが個人的にお勧めです。

 

今回は黄色の布が無くてエナメル1wayで貼ってます。

あと布張りで使うGボンドはG10使うのがお勧めです。

 

ボンド 速乾ボンドG10Z 1kg #43053

ボンド 速乾ボンドG10Z 1kg #43053

 

面倒な場合は大体

www.rakuten.ne.jp

ここでまとめて頼んでしまいます(๑•̀ㅂ•́)وまとめて頼めるから便利

さてさて続きます↓

※制作工程の画像は前のスマホに入ってしまってますので部分的な解説になりますが

コツなども記載しましたので参考にして頂ければと思います。 

 

f:id:mikenekotter:20170705232445j:plain

ガントレットの腕周りに配置されているショットシェル

これは旅行用に使う小さなシャンプーボトルを使って

金色部分はリアラボード使ってます。

つるつるしたプラスチックに塗装する時は一回1000番位のヤスリで表面削って

塗装をすると色の張り付きがいいです。

 

よりリアルにしたいならエアガンのショットシェル使うって方法もあるんですが

2個で2000円とかなので・・・コストがね。両手で16~18個位使うのでうん。

 

この武器には銃口部分が付いているのですが

そこは水道管パイプを切断した物を張り付けました。

f:id:mikenekotter:20170705233706j:plain

この状態からパーツを接着するだけだと横の衝撃であっさり外れてしまいますので・・・

f:id:mikenekotter:20170705233807j:plain

こう言った突起物を付けた土台を先に作り鋲と瞬間接着剤で固定します。

f:id:mikenekotter:20170705233740j:plain

その上からパイプにGボンドを塗り固定します。

(設置面積が少ないと衝撃で取れやすいのを設置面積増やす工夫です。)

応用が色々利くので覚えておくと便利だと思います。

 

腕の固定にはウレタンスポンジを使ってます。

ゴッドイーターの腕輪やガントレット系はサイズ大きい分

スポンジ仕込むことが出来るので便利です。

 

ちなみに今回のエナメル布が色合いがつるつるの黄色強すぎたので

布張りして更に上からミスターカラーで塗装しました。

通常の塗装と同じように薄く何度も塗ると綺麗にできますよー(๑•̀ㅂ•́)و

組み立てにはGクリアや瞬間接着剤なんかを使うので

塗装した面に液が触れないように注意して・・・・

 

冬コミケで使用して貰いました。

やはり完成してイベントや撮影で使って頂くのを見ると本当に嬉しいですね。

 

ちなみに裏話なんですが実はエンバーセリカ作る時に採寸が直接出来なかったので試作品も制作しました…w

まずは試作品でデザイン決めて、その後に成賀さんの腕のサイズを聞いて調整しました。

殆んど感覚頼りの調整だったので、良くできたなと誰か褒めて欲しかった…w

 

試作品は秋葉原の美容室さんにこっそり置かせて頂いておりました。

 秋葉原美容室 fuwatさん

RWBYファンの方がこちらの店舗で見た事ある!って言って下さってびっくりしました!

 

さらにもっと言うとデザインが本当に好きだったのでラボラトリーでも飾れるよう1セット制作して飾ってます…w

 

 

▷記事を書いた人 三毛猫教授

f:id:mikenekotter:20170526163017p:plain

 

profile ホビーと造形に戯れるお喋りなコスプレイヤー

高校時代の部活のお蔭で正拳突きで瓦5枚割れます。

↓差し入れ待ってます(๑•̀ㅂ•́)وよろしこ✧

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/EX9UV7CJL53A/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_RNM7ybZX9FN0Y

【武器造形物】ジェリンジャー

今回は白猫プロジェクトノア双剣を制作してみました。
f:id:mikenekotter:20170622034902j:image

剣の状態と銃の状態があるんですが、今回は強度優先の可変ギミック無しで銃形態で再現。

そう言えばジェリンジャーって名称はたぶん実銃のデリンジャーを文字ったんでしょうね(๑•̀ㅂ•́)و✧

さて制作途中の画像を見てみましょう
f:id:mikenekotter:20170622034826j:image

 まずは型紙ですねー(*ˊᵕˋ*)銃制作では大体手に馴染むサイズがグリップ幅が5cm前後

厚みは2cmから太くても3cm位なのでそれに合わせてます。

以前制作した銃の造形と同じようにフレームを作り外装や装飾パーツを付けていきます。

今回はフレーム厚を2cmにして更に両側から装飾パーツ3mmを張り合わせるので2.6cm厚になります。
f:id:mikenekotter:20170622035614j:image

フレーム部分の型紙出来たらウレタンに転写します。

今回はサイズ的に以前の制作物の端材も使えましたので、それも使います(๑•̀ㅂ•́)و資源の有効活用✧

普段は大体

 

 これ使ってます(๑•̀ㅂ•́)و楽天でも買えるよ

 

そしてまたいつものキング・クリムゾン発動!

 

一気にパーツ切り出して仮組みしてる段階まで飛びます_( (_˘ω˘ )_また写真撮り忘れた…

f:id:mikenekotter:20170622040246j:image

フレームを基準に細かいパーツの型紙を作り仮組みしました。

 

この後バラして下地塗装です。

ちなみに下地はG17をラッカー薄め液で薄めた物とジェッソを塗ります。

 

ボンド G17Z 1kg #43837

ボンド G17Z 1kg #43837

 
ボンド Gうすめ液Z 1kg #44704

ボンド Gうすめ液Z 1kg #44704

 

 少量のもあるのでホームセンターやハンズ探してみるのもありかも。

面倒臭い時は纏めてここに注文してます

【楽天市場】コスプレ造形用資材専門ショップです。:COSProp

さてさて続きですね(*ˊᵕˋ*)


f:id:mikenekotter:20170622041235j:image

下地を薄く2回から3回塗り、更にジェッソを塗りました。

銃の造形物は塗装の場合パーツが細かいので塗りすぎないように下地とジェッソは薄く何度も重ねて塗るのがコツです(*ˊᵕˋ*)

ちなみにジェッソはムラになったら最後ヤスリで軽く慣らします。

最後に着色は今回もミスターカラーを使用しました。

そして完成です。

 

 

元々がファンタジーチックな雰囲気でしたので、発色優先しました。

サイズ感にやや悩まされましたが、制作していて構造考えるの楽しかったです(*ˊᵕˋ*)やはり銃系はいいな

 

▷記事を書いた人 三毛猫教授

f:id:mikenekotter:20170526163017p:plain

 

profile ホビーと戯れるお喋りな造形レイヤー

好きな匂いは蚊取り線香

↓差し入れ待ってます(๑•̀ㅂ•́)وよろしこ✧

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/EX9UV7CJL53A/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_RNM7ybZX9FN0Y